錦糸町に纏わる様々な情報をきんぼり~が紹介する情報サイト

twitterfacebookinstagram

KINSHI SCOPE | 錦糸町情報地図サイト|キンシスコープ

きんぼり~
アキバスコープ
スマートフォン版
  • ホーム
  • ニュース
  • イベント
  • 調査報告
  • きんぼり~とは?

ニュース

ホーム > ニュース・調査報告 > 調査報告

調査報告

RSS

2017.03.29

旨いめしリレー6杯目New

旨いめしリレー六杯目の今回は50年以上も続く天ぷら専門店の「天重」さん!
場所は蔵前橋通り沿いの「すみだ江戸切子館」の角を曲がり、徒歩1分。
細い路地を曲がると昭和を思わせる風情のある外観が見えてくる。
 
 
入口の横には「舌代」と書かれた看板が目に入る。
当然の事ながら漢字の読めないぼり(-_-;)
昔はこの「舌代(ぜつだい)」が標準表記されていたらしい。
 
 
のれんをくぐると、店内も外観と同様、古き良き時代を思わせる落ち着いた雰囲気☆
すぐさま目に飛び込んできた、この相撲番付のような飾りのタメだろう。
店主いわく、先代が開店祝いに「鳶職のおかしら」から頂いた物なんだって(^_^)
 
 
 
メニューから天ぷら定食と穴子丼を注文すると、すぐさまタレを火にかける。
数分で煮立つと、甘い香りが周りを包み込む (*^_^*)
先代の時代から継ぎ足され熟成したタレは、外の風の強弱だけでも濃さが変わってしまうので、
その都度調節が必要なんだとか。。
伝統を守るって大変だー( ゚Д゚)
 
 
 
そして、匂いのお次は香ばしい高温が耳に染渡る。
その音を金魚と共に鑑賞していると次々に天ぷらが揚がっていく。
50年間天ぷらを揚げ続けてきたこの手は、正に芸術品そのもの☆
先日も外国人の方から取材の申し入れがあったが面倒で断ったらしい。
(ぼりの調査は許可して頂いて本当にありがとうございますToT)
 
 
 
いよいよお待ちかねの天ぷらが到着☆彡
定食の具材は海老が2匹に、茄子・ししとう・かき揚げとボリーミー!
早速ひとくち「カリっ♪」
衣はぶ厚いのに軽めの食感、大根おろしを入れたさっぱり目の天つゆとの相性がボリーグッド(^^)
 
 
お次は穴子丼。前回の和可奈さん同様、こちらのお店も「江戸前」にこだわり築地で仕入れた東京湾物。
丼には天つゆとは違い、甘く濃い目の黒ずんだタレがかかっている。
一口食べると、しっとり穴子とカリッと衣のハーモニー、それをまとめる甘ダレ・・・
調和のとれた味に頭が下がります↓
天ぷらの油は、ごま油だけでは美味しくなく、サラダ油と調和させるのがコツとの事!
 
 
そして何気なく飲んだ味噌汁。これがまたウマイのだ!!
器に目をやると、表面に柚子の切れ端が浮いている。旨さの正体はこれか!?
柑橘系の香りが、濃い目の味噌汁と見事にマッチ♪
このゆず入り味噌汁も先代からの味を受け継いでいるんだって。
 
50年もの間、ご夫婦でこの味を守り抜いてきた。
長年伝統を守り続けられる本当の秘訣は、夫婦円満なのかもしれないね(^_^)
 
と、ここである問題が発生する。
ご主人は食事も奥様の愛妻料理しか食べず、外食をしないらしい。
とゆう事は次のお店を紹介出来ない!!!?
 
どうなる「旨いめしリレー」・・・!?
 
                                 7杯目へ続く・・・のか?
一覧へ戻る

ページトップへ